斎藤工さんドラマで妊夫になる?

ドラマ
スポンサーリンク

斎藤工さんドラマで妊夫になる?

斎藤工さんがドラマでなんと!妊夫役をされることが分かりました!

Netflixオリジナルシリーズとして、2022年に全世界配信が決定した「ヒヤメケンタロウの妊娠」

主演を務める「妊夫」姿の斎藤工さんと、相手を包み込むように抱きしめる上野樹里さんのティーザービジュアルと予告編動画が10月19日に公開されました。

衝撃的なビジュアルが解禁されました。

スポンサーリンク

斎藤工さんドラマで妊夫になる?

「ヒヤマケンタロウの妊娠」は、『BE・LOVE』(講談社)で2012年に連載されていた坂井恵理さんの同名コミックが原作です。

男性も妊娠するようになった世界で“妊夫”になった広告代理店のエリート独身男性・桧山健太郎(斎藤さん)と、仕事最優先で生きてきたパートナー・瀬戸亜季(上野さん)がさまざまな問題を通して成長していく姿を描いた社会派コメディーです。

共演者にはリリー・フランキーさん、高橋和也さん、根岸季衣さんなど名だたる俳優たちが集結しています。

スポンサーリンク

斎藤工さんドラマで妊夫になる?男性に見てもらいたい!

原作ファンはもちろんのこと、同作を知らない層からも“男女逆転社会”を描いた世界観に「気になる」「おもしろそう」という声が続々。

ティーザー予告では、桧山が検診を受けたり、つわりに苦しんだりする姿が公開されており、「生々しいくらいにリアルで驚いた」「男だと出産の痛みに耐えられないのでは?」とリアルな描写に衝撃を隠せないといった声も上がりました。

 

本当につわりから出産までどれだけ大変な思いをするのか?を同じ同性として置き換えて男性の方に見ていただきたいドラマです。

斎藤さんが演じることでよりリアルに感じられそうです。

まとめ

現実にはないお話ですが、気持ちは代わってほしいと願いますものね!

一人生んだら二人目は旦那さんが生むなどできたら最高ですけどね~!

でも男性には生みの苦しみに耐えられないと言われているので、やっぱりそれを乗り越えられる女性が強いのです。

それにやっぱり10カ月お腹の中で育て、一人の人間を生み出すことが奇跡なので、逆に特権なのかもしれないですね。

楽しみなドラマが始まります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました