森田剛、髭がない?来年公開の映画は?

V6
スポンサーリンク

森田剛、髭がない?来年公開の映画は?

森田剛、髭がない?来年公開の映画が発表されました。

森田剛さんが、6年ぶりに映画出演したことが解禁されました。

有村架純さん主演の「前科者」2022年1月公開予定に出演します。

映画は完全オリジナル版。

ビッグコミックオリジナルで連載中の同名マンガを映像化した本作は、罪を犯した“前科者”たちの更生・社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた作品です。

今回映画で、出演する剛君。

森田剛さん26年目の大人プロフィールはhttps://kyo622ryu716.com/morita-gou-adult-profile/

スポンサーリンク

森田剛、髭がない?来年公開の映画は?

6年ぶりの映画出演にあたり、剛君が髭を剃っています!!

髭のない剛君を見るのは久しぶりで新鮮です。

そんな剛君の役どころは?

「職場のいじめが原因で同僚を殺めてしまった男・工藤誠。工藤は出所後、佳代のもとで社会復帰を目指していたが、ある日、忽然と姿を消し再び警察に追われる身となってしまいます」

 

そして剛君のコメントが。

”脚本に直感的に惹かれたという森田は「何らかのトラウマを背負って戦っている人たちを描いている物語で嘘が無い脚本だと思いましたし、一人でも嘘があると成立しないとも思いました。少なからず、自分自身もそういう思いを持って生きているのを感じているので、すごく難しくもありますが、勝負をしてみたいと思い、出演をさせていただくことになりました」と語った。”

剛君だからこそできる役柄ではないでしょうか?

スポンサーリンク

森田剛、来年公開の映画はどんな話?

この映画は完全オリジナル版となっています。

罪を犯した者、非行のある者の更生に寄り添う国家公務員、保護司。保護司を始めて3年の阿川佳代(有村架純)は仕事にやりがいを感じ、様々な「前科者」のために奔走していました。

 

そんな中、佳代が担当している物静かな工藤誠(森田剛)更生を絵に描いたような人物で、佳代は誠が社会人として自立する日は近いと楽しみにしていました。

しかし、誠は忽然と姿を消し、再び警察に追われる身に。一方その頃、連続殺人事件が発生する。

捜査が進むにつれ佳代の壮絶な過去や、若くして保護司という仕事を選んだ理由もが次第に明らかになっていくというお話です。

まとめ

原作:「前科者」<原作/香川まさひと・月島冬二「前科者」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)>で監督は岸 善幸さんです。

”岸監督は森田の演技について「この映画にとって、罪を犯してしまった人間の存在感がとても重要だと考えていました。森田さんの設計する誠は気弱で優しく、常に罪悪感を背負っていました。それは本作品にとって大きな力となりました」と語っている。”

癖のあるというか影のあるある役には、森田剛ではないでしょうか?

役者として頑張っていこうという剛君のやる気も伝わってきます!

公開が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました