森田剛さんCMで初の父親役?短編映画みたい?

ジャニーズ関係者
スポンサーリンク

森田剛さんCMで初の父親役?短編映画みたい?

森田剛さんCMで初の父親役?短編映画みたいと話題になっています。

独立し、どんどん出演を果たしている森田剛さん。

今回「野村不動産」のCMに、初の父親役で出演しています。

そのCMが、まるで短編映画のようで「泣ける」と話題になっています。

本当に優しいまなざしの剛くんにキュンとしました。

スポンサーリンク

森田剛さんCMで初の父親役?短編映画みたい?

独立後、精力的に活動している森田剛さん。

今回「野村不動産」の新CMに、初の父親役で起用されている剛くん。
そのCMがまるで「短編映画」のようで「泣ける」と話題になっています。
見てみましたが、本当に愛犬の死を目前に親子で乗り越えるという物語。
剛くんの、父親としてのすごく優しいまなざしがとても印象的で、家族愛、親子愛、愛犬との家族愛といろんな「愛」を感じます。
愛犬がいなくなるという現実に親子で向き合う所、苦手なトマトを頑張って食べるところ。
最期のテロップで「父親と子の時間・3年5ヶ月11日」と流れたとき、涙が出ました。
スポンサーリンク

どんなCMなの?

野村不動産株式会社は、俳優の森田剛さんを主人公役に起用した、当社新築分譲マンションブランド「プラウド」のスペシャルムービー 「僕は、ずっと君の隣にはいられない。」を2022年4月27日より公開したことをお知らせします。「家族と過ごす時間」の有限性をテーマに、これから家族になり、住宅購入を検討する若年世代に向けて制作したブランドムービーです。

 

森田剛さん演じる父、鈴本健太。

ある日、共働きの妻が出張に出ることに。期せずして健太は、少し距離のある息子の「まーくん」と、病気を患い死期が近づく愛犬の「マロン」とだけで、我が家で過ごすことになります。

長年、家族の一員だったマロンとの時間が限られていることを察し、一緒に「いい思い出」を作ろうとする息子、そしてその成長を見守る健太による父と子との数日。

親子、家族の絆を描いたストーリーとなっています。

父と子が生涯で一緒に過ごす時間は、たったの累計3年5ヶ月11日分

第三者機関での分析によると、父と子が生涯で一緒に過ごす時間は、累計3年5ヶ月11日分。しかも、この約75%は、子供が”家”を離れるまでの期間が占めます(※)。限りある短い時間だからこそ、その大部分を過ごす”家”がいかに大切かを裏付けるデータになります。
※関西大学、溝口佑爾准教授監修により、国民生活時間調査2020と平成28年社会生活基本調査から分析。

まとめ

剛くんから出る優しさがにじみ出ているCMとなっています。

剛くんの家族。歌でもあるように「血の繋がりは関係ない」という歌詞が、心にしみてきます。

ビックリしたのが、父と子の生涯での一緒に過ごす時間の短い事です。

日本独特だと思いますが、人生100年時代の現代にほぼ4年という短さ。

子供を育てている方々、子育ては思ってもいつまでも子供は子供です。

もっと子供との大切な時間を増やしませんか?

母親と子供だけの時間だけではなく、もっと家族を楽しんでみてはどうでしょうか?

いろんな事がみえてきますよ!

森田剛は「優しさでできている」と准くんが言っていました。深いですよね。

森田剛くんの人気ドラマランキングは?https://kyo622ryu716.com/morita-gou-ninki-dorama-ranking-best-10/

コメント

タイトルとURLをコピーしました