森且行さん中居正広さんの言葉にスイッチが入った!

ジャニーズ関係者
スポンサーリンク

森且行さん中居正広さんの言葉にスイッチが入った!

森且行さん中居正広さんの言葉にスイッチが入ったそうです。

元・SMAPの森且行さん、オートレーサーに転身されて活躍されていましたが、事故で大手術を受け今でも麻痺があったりしてリハビリを頑張っています。

そんな森さんが、頑張れるのは、中居さんからの言葉とSMAPメンバーのおかげだそうです。

スポンサーリンク

森且行さん中居正広さんの言葉にスイッチが入った!

19日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスターSP」(よる9時~)に、オートレーサーの森且行選手が出演。

事故後に力をもらった中居さんの言葉や、SMAPのメンバーへの思いを明かしてくれました。

番組では、昨年1月のレース中に大けがを負った森さんのその後に密着。

森さんは「レーサーに復帰したい」という決意のもと、リハビリを開始しました。

激痛を伴う過酷なリハビリだったが、「中居くんがメールで送ってくれた『乗り越えられる人にしか試練を与えない。だからおまえは乗り越えられるんだよ』っていう…。ズシンときましたね」と中居からの言葉に力をもらったことを明かした。

森さんは、特注のヘルメットにもSMAPを象徴する星とメンバー5人のカラーを入れているそうで、「みんなも頑張ってるんだもん。頑張ってるからこそトップにいるわけで。僕の中では誰か1人欠けてもダメだと思う」とSMAPのメンバーへの思いを吐露しました。

スポンサーリンク

どんな事故だったのか

森さんはレース中の事故で、時速100km以上でフェンスに激突。

肋骨骨折、骨盤骨折、腰椎破裂骨折で「骨が静脈に食い込んでて、『5ミリずれていたら、1時間以内には死んでた』『命は助かっても車椅子になる覚悟はしておいてくれ』って兄貴は言われたらしくて…」というほどの大けがだったといいます。

骨盤から脊椎にかけてボルト24本が埋め込まれる、合計4回22時間半以上に及ぶ大手術を受け、一命はとりとめたが両足に麻痺が残ったという森さんは、「苦しかったですね。感覚も何もなくて、足の裏触られてても全く分からない状態だった」と振り返っています。

そして、事故から約1年が経つ今年1月に、レーサーに復帰するために背骨のボルトを抜く5回目の手術を受けた森さん。

レーサー復帰への本格的なリハビリも始めており、「復帰だけは諦めずに頑張んないと。このヘルメットで1着獲りたいです、復帰戦。復帰はゴールじゃないです、復帰は始まりです。僕の第2のオートレース人生の始まりですね。そこからどこまでいけるか、自分でも楽しみかな」と12月末から来年1月を目指している復帰への意気込みを語ってくれました。

すごいメンタルの強さです!

まとめ

すごい事故に本当に心配しましたが、着実に復帰へと頑張っている森さん。

並大抵のことではないはずです。中居さんの言葉で力をもらったとありますが、中居さんも森さんの性格分かっているのでしょうね!

他のメンバーも心配は同じでしょう。

やっぱりSMAPの絆は深いです。森さん頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました