黒木華さんの人気ドラマランキング2022は?

○○さんの人気ドラマランキングは?
スポンサーリンク

黒木華さんの人気ドラマランキング2022は?

黒木華さんの人気ドラマランキング2022はどうでしょうか?

人物像として、派手さのない「どちらかと言えば“地味”な顔立ち」や「温かみや素朴さを感じる“和風美人”のたたずまい」、「芯が強く意志を貫くまっすぐさ」「人間としての器量の大きさ」を感じさせるような品位から、しばしば「昭和的」「純日本的」なイメージであると評される「黒木華さん」。

そんな黒木さんの作品は?

妻夫木聡さんの人気ドラマランキングは?https://kyo622ryu716.com/tumabuki-satoshi-ninki-dorama-ranking-2022/

スポンサーリンク

黒木華さんの人気ドラマランキング2022は?

黒木華さんの人気ドラマランキング2022は?

<プロフィール>

黒木 華(くろき はる)

生年月日 1990年3月14日
出身地 大阪府高槻市
身長 164 cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画・ドラマ・舞台

  • 10位・・真田丸
  • 9位・・オリエント急行殺人事件
  • 8位・・凪のお暇
  • 7位・・獣になれない私たち
  • 6位・・天皇の料理番
  • 5位・・リーガルハイ
  • 4位・・花子とアン
  • 3位・・凪のお暇
  • 2位・・西郷どん
  • 1位・・グーグーだって猫である

以上です。

 

黒木華さんの出演ドラマ作品は?

連続テレビ小説
・純と愛 第1話 – 第76話・第148話 – 第149話(2012年)
・花子とアン 第4週 – 最終週(2014年)
・スピンオフスペシャル 朝市の嫁さん(2014年)

・大河ドラマ
・真田丸(2016年)
・西郷どん(2018年)

・まほろ駅前番外地 第8話(2013年)

・リーガルハイ(2013年)

・世にも奇妙な物語’13 秋の特別編 「ある日、爆弾がおちてきて」(2013年)

・グーグーだって猫である(2014年)
・グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-(2016年)

・オリエント急行殺人事件(2014年)

・天皇の料理番(2015年)

・重版出来!(2016年)

・みをつくし料理帖(2017年)

・獣になれない私たち(2018年)

・デザイナー 渋井直人の休日(2019年)

・疑惑(2019年)

・凪のお暇(2019年)

  • コールドケース3~真実の扉~第7話 『思い出の渚』A Perfect Day(2021年)
  • 相方(2021年)
  • 松尾スズキと30分の女優 「黒木華の乱」(2021)
  • イチケイノカラス(2021年)
  • ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇(2022年)
  • WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい 第1話「心眼」(2022年)
  • 僕の姉ちゃん(2022年)
  • WOWOWオリジナルドラマ 椅子 第7話「人間達の声がする」第8話「椅子を取りに行く」(2022年)

黒木華さんの人気映画ランキング5は?

黒木華さんの人気映画ランキング5は?

  • 5位・・散り椿
  • 4位・・海賊と呼ばれた男
  • 3位・・母と暮せば
  • 2位・・小さいおうち
  • 1位・・舟を編む

以上です。

黒木華さんの出演映画作品は?

・MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜(2011年)

・東京オアシス(2011年)

・BUNGO〜ささやかな欲望〜 告白する紳士たち 「握った手」(2012年)

・草原の椅子(2013年)

・舟を編む(2013年)

・シャニダールの花(2013年)

・くじけないで(2013年)

・小さいおうち(2014年)

・銀の匙 Silver Spoon(2014年)

・繕い裁つ人(2015年)

・幕が上がる(2015年)

・ソロモンの偽証
・前篇・事件(2015年)
・後篇・裁判(2015年)

・母と暮せば(2015年)

・リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年)

・エミアビのはじまりとはじまり(2016年)

・永い言い訳(2016年)

・海賊と呼ばれた男(2016年)

・ちょっと今から仕事やめてくる(2017年)

・海辺のリア(2017年)

・散り椿(2018年)

・日日是好日(2018年)

・億男(2018年)

・ビブリア古書堂の事件手帖(2018年)

・来る(2018年)

・甘いお酒でうがい(2020年)

  • 浅田家!(2020年)
  • 星の子(2020年)
  • 先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年)
  • ノイズ(2022年)
  • 余命10年(2022年)
  • 映画 イチケイノカラス(2023年)

まとめ

本当に、純日本人といった昭和感満載のおとなしそうな方ですよね。

どちらかというと地味な感じですが、存在感はしっかりあります。

個人的には「散り椿」が印象に残っています。

今後の活躍が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました