風間俊介君はジュニア時代、V6チルドレンだった?

ジャニーズ
スポンサーリンク

風間俊介君はジュニア時代、V6チルドレンだった?

風間俊介君はジュニア時代、V6チルドレンだったと言っていました。

ZIPで先輩「V6」を相手に昔からの話をいろいろしてくれました。

僕は「V6チルドレン」ですと言い放った風間君。

V6のバックダンサーとしてずっと踊ってきたとのことで、一番の先輩「V6兄さん」と呼んでいます。

最近後輩から「V6兄さん」と呼ばれることが多くなったV6。発祥は風間君属する「V6チルドレン」達です。

スポンサーリンク

風間俊介君はジュニア時代、V6チルドレンだった?

僕たちは「V6チルドレン」です。と話しているのは、「嵐の5人」「風間君」「生田斗真君」です。

嵐もよく「V6チルドレン」「V6兄さん」と話していました。

そんな風間君とV6との繋がりは?

 

坂本君から「井ノ原ジュニア」と呼ばれていたそうです。

ジャニーズらしからずな?!細い目が若かりしイノッチと風間君がそっくりだったらしいです。

そんな風間君が「V6兄さん」とずっと慕ってきたようで嬉しいです。

スポンサーリンク

風間君のここぞという時のV6の曲とは?

風間君が辛い時に聴く曲があったそうです。

V6の「over」です。

歌詞がとても心に刺さったそうで、ジャニーズながらどこのグループにも属さず、役者としていろんな困難があった時にいつも「over」を聴き背中を押してもらったと話していました。

 

「over」はトニセンがカミセンのために作詞した曲です。

そんな「over」は嵐もよく聴いたと話していました。

私たちファンにとっても思い出の曲[over」。

 

いろんな後輩にも勇気や元気を与えていることは、先輩として嬉しいことではないでしょうか?

V6愛をたくさん語ってくれた風間君。知らない一面もみれて嬉しかったです。

まとめ

風間君と斗真君はどこのグループにも属さず、ジャニーズとしては異端児と言われているようですが、二人とも役者としての道をひたむきに続けてきて今があります。

今は風間君も、バラエティ番組にもひっぱりだこです。

実はジャニーズなんです。と謙虚に話す姿がかわいいです。

V6が解散しても「V6兄さん」達との絆は切れないと思いますので、思い出を大切にしていっていただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました