伊藤英明さんKAPPEI衣装で毛が無い?

映画
スポンサーリンク

伊藤英明さんKAPPEI衣装で毛が無い?

伊藤英明さんKAPPEIベスト衣装で毛が無い?

2022年3月18日から公開の「KAPPEIカッペイ」に主演の伊藤英明さん。

衝撃の衣装が「デニムのベストに短パン」と肉体美を見せる形になっています。

ムキムキの肉体ですが、ハッと思いました!

脇の毛がない~!っと!伊藤さんが処理されているとはびっくりでした。

スポンサーリンク

伊藤英明さんKAPPEI衣装で毛が無い?

2022年3月18日から公開の「KAPPEIカッペイ」に主演の伊藤英明さん。

衝撃の衣装が「デニムのベストに短パン」と肉体美を見せる形になっています。

ムキムキの姿にハッとしました!

「脇の毛がない~!!」ことに気づいたのです。

 

現在の若者ならわかる気がするのですが、ワイルド系な伊藤さんがまさかの「ムダ毛処理」になんだかがっかり?びっくり?

複雑な気持ちです。

やっぱり現代は男性も毛はない方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

KAPPEIはどんな映画なの?

伊藤さんが「デトロイト・メタル・シティ」などで知られる若杉公徳氏のギャグ漫画を実写映画化する「KAPPEIカッペイ」で主人公の勝平を演じていることが分かりました。

ヒット作を数多く手がけてきた平野隆プロデューサーが初めて監督に挑む今作には、上白石萌香、「なにわ男子」の西畑大吾、大貫勇輔、山本耕史、小沢征悦、古田新太という個性あふれる面々が顔を揃えています。

徳永友一が脚本を執筆。原作は2011~14年、若杉氏が「ヤングアニマル」(白泉社刊)で連載していたギャグ漫画で、ノストラダムスの大予言を信じ世界滅亡から人類を守るために俗世間から遠く離れた場所で厳しい修行に人生を捧げてきた「終末の戦士」たちがいた……という設定です。

 

しかし時は22年、一向に世界は滅亡せず、強力無比な殺人拳「無戒殺風拳」を会得したのに活躍の場を与えられずにいた戦士たちに対し、師範は「解散っ」と言い放つ。

需要が全くなく社会常識もない戦士たちが、大都会・東京で初めて知るピュアな恋心、友情、葛藤など、遅すぎた青春を描く。

最強の戦士でありながら平和な東京で初めて知る様々な感情に翻ろうされる勝平に息吹を注いでいる。

笑える作品となっています。

まとめ

伊藤さんと言えばワイルドなイメージなので、脇の毛が処理されていることにとても衝撃を受けました。

現代の若者はムダ毛のお手入れも欠かさないような感じはありますが、まさかの46歳、伊藤さんがつるつるとは・・

同世代からすると複雑な気持ちです。

男性は脇や脛毛はあってもいいんじゃないかな?と思ってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました