イノッチはV6の中間管理職なのか?

ジャニーズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イノッチはV6の中間管理職なのか?

イノッチはV6の中間管理職的存在なのでしょうか?

いつも笑顔のイノッチ!V6の中でちょうど間の年齢です。トニセンでは末っ子。でもV6では長男的存在です。

トニセンとカミセンの架け橋をしてきてくれたのがイノッチではないでしょうか?

ある意味V6を支えてきたのはイノッチの存在ではないでしょうか?グループのムードメーカーでもあるイノッチ!

いつもファンを笑顔にしてくれます。

イノッチについて調べてみました。

イノッチがジャニーさんに勧められていたことは?https://kyo622ryu716.com/inocchi-jyani-san-recommended/

イノッチの特捜9が始まりました。主題歌は?https://kyo622ryu716.com/inohara-yoshihiko-tokusou-9-shudaika/

スポンサーリンク

イノッチはV6の中間管理職なのか?

ジャニーズのメンバーの中で、唯一年長の坂本君から年少の岡田君まで年の差が9つあるグループです。

デビュー当時は坂本君が24歳、岡田君が15歳でその間に4人のメンバーがいます。

トニセンとカミセンとの間には溝がありました。大人な坂本君と剛君との衝突がよく話に上がっていました。

 

礼儀を教えようとしていた坂本君、一番反抗期だった剛君、若くて素直にはなれなかったでしょうし、うるさいとも言っていました。

そんなときトニセンとカミセンの間に入り仲を取り持ってきたのがイノッチです。

そんな剛君が「井ノ原君がいなかったらV6は成り立っていなかった」と話しています。

 

坂本君の24歳でさえ若いのにまとめていくのは大変でしたでしょう。カミセンの3人も15歳、16歳と一番やんちゃな年齢です。剛君、健君は人気もすごかったですしね。

しつけをしようとするお父さん坂本君、それを支えるお母さん長野君、そしてカミセンを率いる長男イノッチ。間に入って頑張ってくれたんでしょう。

今でいう中間管理職です!そのおかげで今のV6があると思うと感謝しかありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イノッチ今度は社長就任で中間管理職?

2022年11月1日、滝沢秀明さんが「ジャニーズアイランド」の社長を退任し、後任をイノッチが引き受けることになりました。

イノッチが「ジャニーズアイランド」の社長です。

Jrの育成、プロデュースということで、すでに年末年始に「ジャニーズアイランド」の公演が決まったいて、それを東山紀之さん、堂本光一さんと3人でプロデュースするとのことです。

今までイノッチが、ステージに関わってきたなど聞いたことはないので、東山さん、堂本さんの協力はいいのかもしれませんが、長年V6ファンとして見てきましたが、今度は事務所での中間管理職じゃないの?

と思えてなりません。

イノッチの人柄からすると納得できる人選な気はしますが、長年一緒にやってきた、坂本くん、長野くんはよき理解者でしょうし、TOKIOとの絆もわかります。

でも、上に東山さん、木村さんがいて、下の後輩はたくさんいますよね。

関西Jrは、関ジャニの大倉くん、横山くんが見ていますし。

どうなっていくのでしょう。

 

 

まとめ

すごく周りが見れて気遣いのできるイノッチ。

その分、トニセンの活動をしながらの兼任はすごく大変なのではないでしょうか?

まだまだトニセンとして、タレントとして活躍してほしいです。

また間に挟まれて大変な思いをするのではないかと思うと心配です。

まとめる人数が違いすぎますから。

V6の場合26年かけて築き上げてきました。

若さもあったと思います。イノッチの体が心配です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました