チーズダイエットのやり方は?

未分類
スポンサーリンク

チーズダイエットのやり方は?

チーズダイエットのやり方は?

チーズが痩せるの?チーズと言えば高カロリーというイメージでしたが、実は痩せる効果があることが分かったのです!

美味しいチーズを上手く取り入れて痩せられたらうれしくないですか?

チーズにもいろんな種類がありますが、食べ方にも意味があるようです。

スポンサーリンク

チーズダイエットのやり方は?

チーズがダイエットの効果があるのをお存じでしたか?

チーズは高カロリーだから、絶対NGだと思い込んでいました。

それが、チーズの種類や食べ方で、痩せる効果があるというのです。

気になりませんか?

“チーズが太る”は大きな誤解!毎日食べると太りにくくなる

というのです!

「チーズをたくさん食べても太りません!」
チーズの啓蒙普及団体であるフランスチーズ鑑評騎士の会シュヴァリエの称号を持つ、小原尚敏(おはらなおとし)さんは、チーズと運動で13kgもの減量に成功しました。

チーズはダイエット中に不足しがちなたんぱく質を豊富に含んでおり、摂取量を増やすことで、食べ過ぎを予防する効果が期待できるダイエットの好適食材

脂肪や糖質の代謝を促進してくれるビタミンA、ビタミンB2も多く含んでいます。

スポンサーリンク

チーズが太るは大きな誤解

【ダイエット】チーズが太るは大きな誤解!
乳製品の脂肪は、消化過程で分解されやすく体に蓄積されにくい。

米国テネシー大学・ゼメル教授の試験で体重100kg前後の肥満者に、さまざまな量のカルシウムをとってもらったところ、カルシウムを多くとった人ほど腹囲が減ったという試験結果を得ました。

また、乳製品を多くとるほど、10年後に肥満になるリスクが少ないという研究結果もあるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

しっかり食べて痩せられるMEC食。

MEC食とはなに?

ダイエット中でも、できるだけしっかり食べて痩せられる夢のようなメニューがあれば嬉しいですよね!

実は、そんな食事があるのです。それが、今回紹介するMEC食なのです。

MEC食は、Meet(肉)、Egg(卵)、Cheeze(チーズ)の頭文字をとったもので、これらの食材をメインに食べる食事のことをいいます。

どうして痩せられるのかを紹介していきます。

1、タンパク質が豊富でエネルギー消費が増える
冒頭でも述べた通り、MEC食は、お肉、卵、チーズをメインに食べる食事の方法です。この3つの食材に、タンパク質が豊富に含まれていることがダイエットに有利に働きます。

食事を食べ、栄養素を吸収するためには、エネルギーが必要となります。つまり、カロリーを消費することで、体内に栄養素を取り込んでいます。このように、栄養素の消化吸収で消費されるエネルギーのことを「食事誘発性熱産生」と言います。

食事誘発性熱産生は、栄養素の種類によって異なり、糖質や脂質に比べ、タンパク質は食事誘発性熱産生が5倍にもなります。タンパク質を多く含むMEC食を食べることで食事誘発性熱産生を高め、ダイエットに繋げることができるのです。

2、炭水化物、おやつを自然と控えられる
タンパク質を食べるメリットは他にもあります。それは、満足感を得やすいということ。腹持ちが良いので、ご飯や麺類といった炭水化物を食べなくても満腹になります。また、おやつを食べたくなる衝動にかられることもなくなります。

ダイエットにおいて最も重要なのは、無駄なカロリーを摂取しないということ。これに尽きます。良質なタンパク質源をしっかり食べることで、辛い思いをせずに食事制限をすることができるのです。

3、消化力アップ&満腹中枢を刺激
MEC食ダイエットでは、食べ方にも注意があります。それは、1口あたり30回咀嚼して食べるというものです。特に肉は、意識しなくてもよく噛むことになりますよね。

噛むことは、ダイエットによい効果を発揮してくれます。よく噛むことで唾液が分泌され、消化力が高まります。また満腹中枢も刺激され、適量で満足することができます。

MECダイエットと糖質ダイエットの違いは?

「ダイエットというと糖質制限」というほどに、糖質制限の認知度は高まってきていますよね。

今回紹介してきたMEC食は、糖質制限で食べていい食材ばかり。

そこで気になるのが、MEC食と糖質制限とでは、何が違うのか、ということではないでしょうか。

MEC食は、糖質制限の一種と考えておけばよいと思います。

糖質制限の中にMEC食がある、というイメージです。

一つ違いを挙げるとすれば、MEC食は30回咀嚼してから飲み込む、という食べ方のルールがあることです。

また、MEC食のメリットは、とにかく分かりやすいということではないでしょうか。

糖質制限は、糖質を含まないものを食べる、という方法で、消去法的に食材を選ばなければなりません。

スーパーで買い物をしているシーンを思い浮かべてみてください。

糖質制限の場合はお肉や魚、野菜、ドリンクなどそれぞれのコーナーで、この食品には糖質が含まれているのか、ということを確認して買わなければなりません。

しかしMEC食の場合は、すでにお肉、卵、チーズと買うものが決まっているので、分かりやすく、間違えた食材を選んでしまう心配がありません。

まとめ

チーズで痩せるという実証があることが嬉しいですね!

食べたいものが食べられて痩せられるのは、続けられるのではないでしょうか?

高カロリーイメージのチーズのイメージが払しょくされました。

是非チャレンジしてみたいと思います(笑)

チーズの賞味期限は?https://kyo622ryu716.com/cheese-shoumikigen-aru-itumade/

お米が太るは嘘だった?https://kyo622ryu716.com/okome-futoru-uso/

コメント

タイトルとURLをコピーしました